なにわ淀川花火大会!混雑を避ける方法や穴場・おすすめスポットを知っておこう

関西最大級の規模と人気を誇るなにわ淀川花火大会!

今年は第30回の記念花火大会で今年だけの特別演出があります。

昨年の人出は50万人を超えており今年も大混雑が予想されますが、

できるだけ混雑を避けて行く方法や穴場・おすすめスポットを紹介します。

なにわ淀川花火大会の開催情報

開催情報

開催日

2018年8月4日(土)

時間

19:40〜20:40

会場

淀川河川敷

打ち上げ数

非公開

屋台

十三大橋東側~新御堂筋西側まで900店ほど

会場案内図はこちら

利用する駅と観覧場所

塚本駅

16:00頃なら混雑を回避でき会場までスムーズに移動できる。

17;00を過ぎると混雑し改札でるのも困難。

観覧場所

塚本川河川敷に向かうのがおすすめ。

高速道路の高架で仕掛け花火は見えにくいが打ち上げ花火は問題なく見える。

東側:花火から近いため混雑が予想される。19:00以降は大混雑が予想される。

西側:少し遅めの時間でも場所取り可能。

十三駅

16:00頃には規制がかかる。駅周辺は安全のため右側通行となる。

観覧場所

十三駅から近い淀川河川公園はかなり激戦区。早めの行動をとり混雑を回避しよう。

南方駅、西中島南方駅

観覧場所

西中島南方側河川敷

花火は遠くなるがその分すいている。ゆっくり鑑賞できる。

海老江駅、野田阪神駅、野田駅

観覧場所

・淀川河川公園

高速道路の高架で仕掛け花火は見えにくいが打ち上げ花火は問題なく見える。

打ち上げ場所に近い。

・海老江グラウンド

比較的人が少ない。観賞場所として利用したことがありますが、屋台もあり比較的ゆっくり見ることができました。

なにわ淀川花火大会公式サイト

ゆっくり楽しむなら協賛観覧席(有料)

席の購入は公式サイトから

http://www.yodohanabi.com/sale.html